css templates

Creating the Future
会社概要

社屋写真

 

KIKKONETの技術を通じ環境と人その未来を創造する企業へ

粕谷製網で本来は養殖生簀金網に代わる錆びない網をとの要請から開発されたKIKKONETですが、プラスチックモノフィラメントの持つ特性とプラスチックでは難しい亀甲形の網を開発する事で、耐候性に優れ、軽く、錆びず、弾性があり、連続破網を起こさないという金網にはない利点を持つものが出来上がりました。
 錆びず腐らずといった特性は、海岸近くの塩害のひどい地域、火山地帯、および海や河川の護岸工事といった金網の使用では短命な地域において威力を発揮します。
軽いという利点は山間部や線路沿いといった重機が入らず、人力に頼らざるを得ない箇所での使用が可能となります。また重機の必要性の減少は工期の短縮効果もあり施工経費の節減が図れます、
弾性があることは小動物侵入防止網としての使用効果にあらわれ高速道路の事故防止に貢献しています。
最大の利点である、錆びない、腐らないという事は、土壌や川や海の水を汚さない環境にやさしい素材です。

 

沿 革

image here
     
商   号 粕谷製網株式会社
 
創   業 1946年(昭和21年)5月
 
資 本 金 4,100万円
 
所 在 地 本 社・工 場 長崎県諫早市川内町485
  営 業 所 等 鹿児島営業所(鹿児島市)
    水俣出張所(熊本県)
    長島出張所(鹿児島県出水郡長島町)
    沖縄駐在所(那覇市)
  物流センター 鹿児島県薩摩川内市
 
従 業 員 85人  (グループ会社を含む)
 
年   商 20億円 (グループ会社を含む)
 
取 引 銀 行 福岡銀行、親和銀行、十八銀行、たちばな信用金庫
 
関 連 会 社 タチカワ株式会社(事務機器販売)
 
経 営 陣 会   長 粕 谷   勝
  社   長
(代表取締役)
粕 谷 正 昭
 
沿   革 昭和21年5月 諫早市川内町にて、マホラン繊維によるロープ製造開始。
  昭和23年3月 同地にて漁業用資材である撚糸を製造開始。
  昭和40年4月 粕谷式定置網を開発、定置網漁業分野での業容を拡大。
  昭和41年12月 粕谷撚糸有限会社発足。
  昭和46年4月 社名を粕谷製網有限会社へ変更。
  昭和47年10月 粕谷製網株式会社へ組織変更。
  昭和57年3月 モノフィラメントプラスティック製の「KIKKONET」を開発。
同資材を用いた養殖用生簀の販売開始。
  平成12年7月 タチカワ株式会社(事務機販売)を子会社化。
  平成14年3月 「KIKKONET」を土木資材へ応用、陸上部門へ進出。
  平成16年3月 「KIKKONET」を、国土通産省のNETIS(ネティス)へ登録。
  平成23年5月 イタリア・マカフェリー社と海外業務提携。